マッサージ師になってみたブログ

マッサージ師になってみました。医療保険で揉んでいます。

やりたいことが無いのでマッサージ師になってみたら国家資格まで取って今現場出ています

こんにちは。めりーです。

マッサージ師をやっております。

マッサージを始めてかれこれ8年経ちますが、マッサージ業界は資格がなくても出来てしまうので、正式に国家資格者になってからは1年です。

 

死にたくなかったので仕事辞めました

私がマッサージを始めたのはリラクゼーションサロン のアルバイトからでした。

それまで長らく●タミとか●●見聞録という超大手全国規模の外食産業をやっていたのですが、昔の外食産業業界では流行病として過労死がありましたので、これはいつまでできるかわからねえなあ、いやもうやりたくねえなと思い辞めました。

 

仕事を辞めた私は金髪にしました。

忘れもしないあの秋。

今までは髪を派手に染めることができなかったので、とりあえず今までできなかったから金髪にでもなってやろうと思いました。

でも似合わなすぎて2週間で真っ黒に戻しました。髪が傷んだだけです。

 

何の気なしに求人サイトを見ていたら、未経験可ですぐ出来そうな「セラピスト」という何とも怪しげな求人があり、

よくわかんねーけど、どうやらマッサージをするようだな!

と短絡的かつ楽観的かつ何も考えてねえ状態で面接に行った次第です。

f:id:mogemilk:20190302102427j:plain

当時は知りませんでしたがリラクゼーション業界も慢性的な人手不足であり面接は受ければ受かる状態。

リラクゼーション業界はしっかりした会社では1ヶ月以上無給研修があるのですが、私の会社は給料を出してくれて1週間で研修を終えました。

まあ1週間でマッサージができるようになるわけもなく、そんな状態で現場に出されるので色々大変だったわけですが、どうやら私はマッサージが向いていたらしく、最初からお客さんに怒られるとかクレームがあるとかそういうことは全くありませんでした。

 

たまたまマッサージが向いていたので外食産業からサービス業へとシフトして一生懸命働いていたのですが、リラクゼーションサロンって中途半端なプロ意識があるので結構困ることがありました。

 

独自?解説・マッサージ業界

ちょっとここでマッサージ業界のことを説明しておきます。

マッサージ業界は大きく分けて2種類存在します。

 

①無資格

実はマッサージ自体に資格は必要ありません。一般にリラクゼーションサロンと言ったりします。

リラクゼーションサロンは言うなれば肩凝ったときに嫁に頼めないので金で解決するという場所です。

1時間3000円くらいのお店が多く、関東よりも関西地方で普及しています(私は関東人なので詳しくは知らない、ごめん)。

 

リラクゼーション業界から意識高い系の人が派生することがあります。意識高い系の人は「肩こりを治療している」というすんばらしい意識があるので、独自の理論でマッサージを行い、自分を整体師と名乗ることがあります。これが整体です。(整体師の中にはちゃんと学校出てたりしてガチで医療行為を行っている人もいます)

 

②有資格

保険適用などの医療現場ではマッサージは医療行為です。この場合は国家資格が必須です。

マッサージの国家資格は色々あるんですが、マッサージのみの超専門的な資格があん摩マッサージ指圧師です。私はコレを取りました。

 

有資格者の意識高い系の人は基本的に開業します。私はやりません(うふ)。

 

金がなくてもなんか行けちゃった専門学校

当時、リラクゼーションサロンの意識高い系の感じがすごい鼻につくので嫌いだったんです。妙に体育会系というか、いやお前らほとんど素人と変わらんだろうが!と思いながらやっていました。自分もなのにね。

 

たまに現場を変えながら仕事していたのですが、ある時やたら専門学生の多いお店に通勤することになりました。マッサージ系の医療職の学生がいっぱいいて、いろんな話を聞いているうちに、自分は肩こりを治療しているんだという気持ちが強くなってきました。

リラクゼーションっていうか私がやっていることは治療なんだ!すんばらしいことをしているんだ!と今度は自分がだんだん勘違いしてきました。

 

意識高い系になってしまった私は学校へ行っちゃいました。

マッサージの専門学校の学費って結構高いんですけど(私はマッサージ師の他にハリキュウ師免許を取るコースだったので500万円はヒョイと超えました)、入学金もないのに入試受けました。

どうするつもりだったかというと、奨学金借りれるっかなーとほとんど何も考えていませんでした。

 

入学前の意識高い系勘違いは進学後も続き、マッサージやってただけなのになぜかハリキュウの留学で中国行ってしまったり、大学病院でバイトしたりしました。

 

 

勘違いしていたので勉強の効率も良くて国家試験は合格し、今に至ります。

 

 

現在は卒業から1年経とうとしており、やっと目が覚めてきました・・・・。

振り返るとイタすぎる数年間であった。人間って自己暗示でなんでもできちゃうんだなあ。

 

 

現在は何をしておるかというと、せっかく資格取ったので医療保険でマッサージしております。

でも医療現場ってほとんどが高齢者に埋め尽くされているので、色々思うところはあります。リラクゼーションの方が真っ当な仕事かもしれんなあ、とか。

マッサージ自体は非常に感謝される仕事なので、やりがいは昔も今も変わらないかな。

ただのマッサージ屋だったリラクゼーションに比べたら、今の仕事は超忙しいし超大変だし超頭使うけど・・・まあやりがいはある、うん。

 

 

マッサージ師になって8年、ここには書ききれないくらいいろんなことがありました。8年も経つと大人になるもんで、自分は本当にバカだったなあと反省しつつ・・今日もモミモミしております。