マッサージ師になってみたブログ

マッサージ師になってみました。医療保険で揉んでいます。

マッサージ師の収入アップを目指す。世の中は副業ブームだけどマッサージ師は本業の給料を上げた方が効率が良いと思う

こんにちは。マッサージ師のめりーです。

こんな偉そうにブログ書いたり患者さんの前でドヤ顔している私ですが、実はまだ社会人2年生です。 

医療マッサージ師の求人を見ていると、他業種の未経験の仕事に比べて給料が高い会社が多いです。

キャリアを積むともっと良くお給料をもらえないだろうか?と考えることがあります。

マッサージ師の正しい収入アップの方法です。

 

 

収入アップしたいのなら、転職対策を!マッサージ師は会社を変えてしまった方が給料が上がりやすい?

コメディカル職業では転職時に給料交渉をすることがよくあります。一つの会社に長く勤めるよりも、より良い条件の会社に転職してしまった方が早く給料が上がります。

しかし転職って・・・そんなに簡単にできるものでしょうか。

 

あん摩マッサージ指圧師の転職。私が転職をしたくない理由と不安

私は今季で2年目に入るので、昇給を求めて求人情報を見ておりました。普通の会社は年一回昇給査定がありますが、他の求人を見ていると基本給自体が今の会社よりも良いところが結構目立ちました。

収入アップするならやっぱり転職が手っ取り早いように感じます。

しかし2年目で転職。ちょっと迷う気持ちも出てきます。

あん摩マッサージ指圧師の転職時に悩みやすいことです。

 

①履歴書を書くのが面倒 

根本的に履歴書を作るって面倒だと思いませんか?

私は超面倒です。ミスらないように正式書類を書くような細かい作業、マッサージ師になってまでなんでやらなければいけないのか。

履歴書はパソコンで作れますが、機械音痴には厄介な作業です。

まあでも、こればっかりはやらないといけないんだけど・・・。

 

 ②退職理由の説明が面倒

退職する説明が面倒です。

大体、転職したい人ってお給料とか会社の将来、自分の将来などなどを総合的に考えて、「いまの会社、ヨクナイ」と考えて転生活動をします。

でもあん摩マッサージ指圧師業界だと、同じ業界人間、どこで会うかわからない。

できるだけ跡を濁さず綺麗に辞めたいものです。

それを考えると「この会社は将来性がないので辞めたいです」なんてことは言えません。正直には言えないです。

まあまた戻ってくる日もあるかもしれないのだから。

退職するときに理由を求められることがあるのでこれが面倒な理由です。

本音を言わずにそれらしい理由を述べて上司を説得するって、治療じゃないんだから!!と私は思うんですけど・・・。

 

 

③患者への説明が面倒

もっとも転職が面倒だと思う理由が、会社が変わると患者が全部変わるので、これがかなり面倒くさいです。

特に高齢者の患者さんで認知症、不穏な人は担当が変わるとものすごく不穏が出たりします。

入社時にあんなに苦労して今の状態まで落ち着かせ、信頼を作ったのが、またいちからやり直しとなると、もう転職なんてどうでも良いような気分になります。

信頼関係って自分がどんなに頑張っても時間がかかるもんです。どうしても患者さんの精神が安定するまでに1、2ヶ月はかかります。

 

患者さんは高齢なので文化が違います。一つの会社に長く勤めてこそ人として立派だ、みたいな考えを持っているし、何より患者自身が同じ人に診て欲しいと思っています。

「今の若い人はすぐ辞める・・・」と愚痴をずっと言われることもあるし、「先生ありがとう、悲しい、辞めないで」と言われることもある。

これが一番ストレスだと私は思います。

 

むしろ転職せずに副業で収入を得るってのはどうなのか?

わざわざそんな面倒な転職をしなくても副業で稼げたら良いと思いますよね。副業はブームです。

私も色々な副業をやってみました。

すっごい頑張って思うのは、まあ凡人には無理です。まともな収入を叩き出すのが難しすぎる。

一番成果を出したのがブログアフィリエイトでした。

このブログの前のブログが2年やって月間4万PVまでいったのですが、最終的にはグーグルに暗殺されたり名指しで晒されたりして挫けました。

まあ普通の精神力を持つ一般的なマッサージ師はやめておいた方がいいです。

 

稼ぎ出しているブロガーは相当向いている人です。マッサージ師みたいな繊細な人たち(だと思うんですけど)はあんまりおすすめできません。

 

他にもFXとかバイナリーオプションとか、ポイントサイトとか・・・あと何やったか忘れましたけれど、とにかく色々やってみたんですけど死ぬほど効率悪いんですよ。

ものすごい勉強して相当な時間をかけて、やっと稼げたお金が一月1万円とかバカか!?って思うのは私だけなんでしょうかね・・・。

ちょっとやってられないと感じました。

 

資格者マッサージ師の場合は、今の会社よりも給料の良い会社に転職するのが一番手っ取り早くて苦労がありません。

何より時間の無駄がない。

副業は確かに社会経験になったし勉強になったけど、金銭的に考えたら時間の無駄だったと思います。

 

それかまあ相当私の能力が低いか・・・。

まあやってみてください。私には難しかったです。

 

面倒だけど、お金のためには転職するのが一番手っ取り早いと思う

履歴書とか退職理由の説明とか患者さんが面倒という問題は色々あるんですけど、お金のためには転職するのが一番良いです。

今の担当患者には心苦しいのですが、それは会社の責任ってーことであんまり患者さん側に立って自分の人生設計はしない方がいいです。

だってマッサージ師だって人間なんだもん。

というかマッサージ師の前に一人の社会人なので自分の営利のために行動するのは必要なことだし、やらなくてはいけないと私は思います。

 

じゃあ転職、いつする?って問題なのですが、例えば今の会社に来てまだ3ヶ月しか立ってない!って時とか・・・辞めるのしぶっちゃいますよね。

他の業種だったら3ヶ月とか半年とかの勤務を履歴書に書くと、物事を続けられないダメなやつと判断されるらしいです。

でもですね、私思うんですけど、思ったのと違う会社で、何年も我慢して不満をためて何もしない人はダメなやつじゃないんですかね。

嫌ならとっとと次探すべきです。

ましてやマッサージ師は仕事内容がどの会社でも変わらんので入社して違うなと思ったらバンバン辞めたらいいのでは・・・と思います。

 

これが地方だとそうもいかないのかもしれませんが・・・

まあマッサージ求人だと引っ越し代出すんで働いてくれみたいなのもあるから、視野を広く大胆に考えていけばいいのではと思います。

この間、引っ越し代と家賃出すので地方行きませんかみたいな求人発見して魅力的だな〜〜と思いました。

やらないけど。

東京嫌いなんですけど臆病すぎて引っ越せないっす。

 

まあみんな東京来なさいよ。

働くにはいいとこだよ。

 

ただ転職時には事情を新しい会社の面接官に説明した方がいいとは思います。

今の会社がいくら嫌でも、患者さんを持っている以上は最後までちゃんと仕事しないといけません。

引き継ぎまでちゃんとやってから辞める。立つ鳥跡を濁さずですね。

 

安月給で我慢せず、頑張って転職して良いお給料もらいましょう〜!