マッサージ師になってみたブログ

マッサージ師になってみました。医療保険で揉んでいます。

鍼灸・マッサージの同意書を出してくれやすいのは緩和系の医師。同意書が出る理由・出ない理由とは

こんにちは。あん摩マッサージ指圧師のめりーです。

今は訪問医療をやっていますが、鍼灸マッサージ業界の永遠の課題、医者に同意書を書いてもらうのがめんどくさい。

たまに揉めてマッサージできませんなんてこともある厄介な問題です。

今日は医者にも鍼灸マッサージを理解できる人とできない人がいるんだよという話をします。

f:id:mogemilk:20180301204734j:plain

ドクターも考え方は人それぞれ。同意書が出る理由

同意書が出る理由は極めて単純で、

「その治療法しても、別に問題ないっすよ、患者さんがやりたい言っているからいいですよ」

ということです。

ここで勘違いしてはいけないのは、同意書が出ているのは治療効果があるであろうと考えられている訳ではありません。

「やっても別にいいですよ」くらいで出ています。

 

鍼灸マッサージの患者さんはほとんどのケースで病院の治療が終わっている高齢者です。

これ以上回復はしないという状態で我々の前に現れます。

よって鍼灸マッサージを行う理由は「患者さんがやりたいから」の一言に尽きます。

 

この患者の意思を尊重してくれるドクターは同意書を書いてくれやすいです。

例えば在宅医とか町の内科医の先生です。大学病院はめんどくさくて(のだと思う)先生が書いてくれません。同意書禁止の病院も結構あって、最悪先生の耳まで届かないというケースもあります。

また整形外科の治療意識の高い先生は鍼灸マッサージをやっても治らないことを重視するので「無駄」として書いてくれないことがあります。まこの辺は時代差とか個人差の問題でしょう。

f:id:mogemilk:20180223195309j:plain

問題なのは同意書が出ない理由

出るのはサクッと出るので特に問題ありませんが、同意書が出ない時ってなぜ出ないのでしょうか?

私が想像できる理由を並べてみます。

 

①同意書禁止病院

大規模病院だと同意書を出すことを禁止しています。余計な手間とか治療方針とか色々あるんだと思います。大規模病院は治療に専念しているのでその後のケアはあんまり考えてくれないみたいです。

 

②保険治療の鍼灸マッサージは不可と判断された

患者さんの状態が保険治療の基準に満たない場合は同意書が出ません。

 

・基礎疾患なし

当たり前ですが何にも病気も怪我もない人は保険治療できません。痛いと言っていても診断が下りてないとできません。

 

・(訪問治療において)ADL完全自立、外来通院可能

こういう患者さん持っています。元気だから訪問はダメです。元気な患者さんはどうしてもマッサージを受けようとするので自費でやってくれたりします。私のケースも自費で呼ばれた時だけ診に行っています。

 

・急性期のため不可

発熱、病気の悪化、入院などでは落ち着くまで不可です。あまり見ないかな。

 

・終末期のため不可

レベル低下が進み「今夜にでもお迎え来ます」という段階になるとストップされます。緩和系の先生はギリギリまで同意書出してくれますが、終末期慣れてない鍼灸マッサージ師は結構こたえます。

 

③ドクターチェンジ中

主治医変更すると手続きやり直しとなるので同意書が切れたり止まったりします。

先生にも色々あるので(多分転職とか)、たまに見ます。ワカルゥ。

 

④鍼灸とかマッサージをものすごく憎んでいる医者だった場合

たまに代替医療が死ぬほど憎いみたいなドクターがいます。理由はわかりませんが、何かトラウマ的なことがあったのかもしれません。同意書はもらえませんが同情してあげましょう。それが代替医療者の勤めです。

f:id:mogemilk:20180223190820j:plain

同意書を書いてくれやすいドクターはこれだ

ドクターもいろんな人がいるし、いろんな病院があるので「へぇそうなんだ」で対応して行くしかありません。

医者と我々は直接話すことはありませんが、組織として緩和系のクリニックはものすごく柔軟です。バンバン同意書書いてくれます。

ただし緩和なので看取り必須ですから精神力を養っておきましょう。逝ってよしと言えるくらいにならないと鬱になります。あと逝去連絡来たら「乙でした」と言えるくらいにならないと寝込むことになります。

緩和は精神力必要です。こればっかりは慣れてもきついので気をつけましょう。

 

鍼灸マッサージは長く患者を診ていくものなので、理解者とそうでない人がいます。まあそれはどんな物事もそうですね。

分かってくれる人に協力を頼んで、今日も元気にモミモミしましょう。