マッサージ師になってみたブログ

マッサージ師になってみました。医療保険で揉んでいます。

鍼灸師ですが臨床をやる気がありません。私が鍼灸をやらない理由

こんにちは。めりーです。あん摩マッサージ指圧師です。

実は私、鍼灸師も持っています。

でも鍼灸をやる気はサラサラありません。患者さんや会社の上司にやれと言われたらやると思いますが、自分から進んでやろうとは全く思っていません。

私が鍼灸師をやめた理由を書きます。

f:id:mogemilk:20180513110111j:plain

鍼灸師をやめました

私は鍼灸マッサージの専門学校を卒業しています。在学中はどちらかと言うと鍼灸の方に熱心でした。

どのくらい熱心だったかと言うと、一人で工面して中国の国立病院を見に行きました。短期留学ですね。

私の履歴書にも書いてあります。

そこまでしたのになぜやめたかと言うと、まあ色々見すぎて考えすぎた結果だと思います。

 

私が鍼灸をやらない理由

日本で鍼灸は意外と流行っていて、美容とかスポーツとか難しい病気の治療でよく登場します。

優秀な先生は論文を書いていたり、大きな病院で働いていたりして立派な仕事だと思います。

でもやりません。理由を書きます。

 

①はりが怖い

鍼灸は「はり」と「きゅう」ですけど

はりはニードル、あのはりです。単純に怖いです。

お灸は火を肌につけます。火傷します。これも怖いです。

単純に私が怖いからやりません。

 

ちなみに誤解のないように言っておきますが、私は散々はりを打たれているし、お灸も据えられています。

私と同じように「はり怖い」と言う人は多いので、日本の鍼は世界一痛くない鍼として有名です。何しろ髪の毛より細いサイズがあります。

中国に留学した時に、クラスメイトにイラン人がいたのですが、「日本人です」と言うと開口一番「日本の鍼は痛くないらしいけど、本当?」と言われました。

イラン人も知っているくらい有名です。

痛みがないような工夫もされていてかなり高性能だし、滅菌も完璧なので衛生的にも優れています。

お灸は火傷を作らないように低温のものが使われています。火傷を作るタイプのものはかなりの専門治療院でないとやってないかもしれません。

そのぐらい安全性が高く、恐怖感も少ないものですが、そうは言っても怖いもんは怖いです。

 

②穴が開く

いくら細いと言っても肌にぶっ刺すので穴があきます。

医療現場では重症の患者さんを扱うことが多く、糖尿病やがんなど感染リスクのある患者さんをよく目にします。

こういった患者さんにはどれほど小さい傷でもリスクとなります。

この辺は医師が吟味してくれるのですが、私は末期を専門にしたいと思っているのであまり向いているとは思いません。

 

③難しい

鍼灸師で成功している人はめちゃんこ頭のいい人たちです。言ってみれば天才です。一方で私は平々凡々の一般人なので成功するとは思えません。

カリスマ先生みたいな人がいますけど、ああはなれないことが分かっています。

鍼灸の操作はとんでもなく繊細なので相当才能がないと難しいと感じました。

(ブロック注射みたいなことをレントゲンなしでやってのける人がいる、そんなんムリ)

接骨院でバンバン打つ程度のことはできると思いますが、出世はしないと思います。

 

④会社員きつい

鍼灸業界はマッサージ業界に比べて発展途上です。大企業がなかなかありません。

小さい会社は開業鍼灸師の弟子みたいなことをやらなければいけないし、病院や接骨院では一生ヒラで給料が安いので想像しただけでやってられません。

弟子みたいなのを喜んでやるクラスメイトがいるので、ただただ脱帽です。すごい。

 

⑤「マッサージしてほしい」と言われたことはあるけど、「鍼灸やってほしい」と言われたことはない

マッサージに比べて鍼灸はマイナーなのか?自己紹介で鍼灸マッサージやっていますと言うと、「マッサージしてほしい〜!」と言われます。

でも「鍼灸してほしい〜!」と言われたことが一度もありません。

だからやらなくていいことなんだと思っています。

 

⑥単純に鍼灸がそんなに好きじゃない

中国に短期留学して帰ってきた時、本当にもっと勉強がしたいと思っていました。東洋医学とかじゃなくて、勉強そのものを続けたいという意欲がありました。

中国には東洋医学の長期留学があり、日本人であれば行きやすいと伺ったので、本気で行こうか悩みました。

半年悩んで、いろんな人に相談して、それでやめました。

最後に思ったのは、「そこまでやってもなあ・・・。」ぼへー。

3年間勉強してようやく鍼灸そんな好きじゃねえなと思いましたとさ。

f:id:mogemilk:20190302141953j:plain

鍼灸師やめちゃったんですけど、マッサージはやっています。やめようかと悩んだこともあったのですが、結局戻ってきているのでマッサージの方は本当に好きなのだと思います。

人間の脳は単純で、好きか嫌いかで決定がくだるそうです。

鍼灸をやらないのは、いろいろ理由を並べましたが、結局のところそんなに好きじゃないからなんだと思います。

 

までもやり方は知っているし免許も持っているのでたまに自分に打ったりはします。

鍼もお灸もたらふく持っているので。

でも人様にはやらないかな。

 

 

そんなわけで

私は

モミモミします。