マッサージ師になってみたブログ

マッサージ師になってみました。医療保険で揉んでいます。

マッサージ師を辞めたくなったらどうする?マッサージをしたくないのか、会社を辞めたいのかそれが問題だ

こんばんは。めりーです。あん摩マッサージ指圧師です。

私は1年目に病院勤務した時、マジでマッサージ師辞めたいと思って他業種のリクルートエージェントに登録したことがあります。

でも結局マッサージ師は辞めませんでした。というか辞められませんでした。

だんだん気が済んで来たので当分このままです。

マッサージ師を辞めたい人は辞める前に何が嫌なのか考えてみようという話です。

f:id:mogemilk:20180506185535j:plain

マッサージ師の何が嫌なのか?本当に嫌なのはマッサージでないかもしれない

会社辞めたいと思った時、漠然と「なんか辞めたいな」とか「潰れちまえこんな会社」とか「上司が滑って転んだらいいのに」とか「患者さんがトイレ行きたいの本当に辛い」とかって思いますよね。

でもよく考えたら自分のストレスの原因ってマッサージじゃないのかもしれない。

マッサージ師の一体何が嫌なのですか?

 

①単純に今所属している会社が憎い

会社が嫌いだと会社辞めたい病は重症化します。それだったらとっとと辞めたらいいと思います。

会社を辞める時に引っかかるのが、会社の全員が嫌いなわけではなくて、あの人はいい人だったとか、あの時は親切にしてもらったとか、色んな良かったことも思い出してくるときがあるんですよね。

でも、会社内の人間関係は友達ではなくて会社の人なわけですね。会社がなかったら会わなかった人たちなのです。

いい人は次の会社にもいる。次の縁に期待すればいい。

あなたが捨てるのは会社の人ではなく、その会社です。

辞めてよし。

 

会社を辞める踏ん切りがつかないのは次が見つかるかどうか?という不安もあると思いますが、マッサージ師は絶対次の仕事、あります。だから悩む時間が無駄です。

国家資格様様ですから、考え込まずに転職活動をやってしまいましょう。

 

②マッサージの意味がなくて辞めたい

これ結構あるあるだと思うんですけど、「本当は俺の力はまだこんなもんじゃないのに、俺はなんでこんなことやっているんだ」的なことを思うときがあります。

マッサージ師は保険医療で接客業だったりして難しい立場に立たされることがちょくちょくあります。

患者さんと家族とケアマネで言っていることが違う、会社が言っていることが違う、自分が思っているように出来ない、理解してもらえない・・・

その辺を割り切れないと結構苦しい仕事だと思います。

そういう場合は保険治療を辞めて、自費診療のカリスマ先生を目指してみてはいかがでしょうか。

あるいは独立開業。それが一番ストレスがないのではと思います。

独立なんて自信がないと思われるかもしれませんが、すごいいっぱいありますよね、治療院。みんなやっているから何とかなります。

ただし計画的にやりましょう。

 

③忙しすぎる

訪問マッサージと接骨院・病院のマッサージでは忙しさの種類が違いますが、嫌になる程忙しいときがあります。

ちょっと待ってくれ、手足も耳も目も2つづつしかないんだ、しかも口は1つしかないぞと言いたくなる時があります。

でも患者さんも上司も待ってくれません。悲しい。辞めたい。

そういう場合は1発60分以上の長時間マッサージのお店がいいかもしれません。

俗に言うリラクゼーションサロンや、企業の慰安マッサージ。長時間施術なので一回入ってしまえば60分は何も考えないで済みます。

上司にも怒られません。お客も保険の現場ほど多くはありません。まばらです。

単価を上げるとやることが減るので、時間に追われて疲れてしまったら長時間施術をすると楽になるかもしれません。

 

④働きたくない

働きたくないですよね。わかります。

でも働かなきゃいけないんですよ、大人は。

これは諦めてください。働きましょう。マッサージ師は楽な仕事です。

f:id:mogemilk:20180506191416j:plain

マッサージ師は楽な仕事だと思う。一回辞めても戻ってこれるので好きにしてよし

マッサージ師は一回始めるとなかなか辞めにくい仕事だと思います。あんまり応用がきかないので他の職種は未経験から始めることになります。

資格なし、キャリアなしの仕事は給料がめちゃめちゃ安いです。マッサージ師の仕事の方が絶対に楽に稼げると思います。

 

マッサージ師は確かにちょっと大変な仕事ですけど、それでも体力的に結構楽な仕事だと思っています。スーパーのレジ打ちとかコンビニバイトとか、営業とか、そういう仕事よりはよっぽど楽だし給料がとても高いです。

 

給料に関しては上を見るときりがないし、マッサージ師の年収は1000万超えるなんてなかなか聞きません。でも年収1000万の人は、それだけ学歴があったりキャリアがあったりもともと何か持っている能力の高い人たちなんですよね。

同じことを今からマッサージ師を辞めてやろうとしても、私は出来ないと思います。

 

マッサージ会社はパワハラもないし、休みもしっかりあるし、社会保険もあります。ブラックが多いとか言う人がいますけど、本当のブラック企業はそんなもんじゃありません。地獄絵図です。

 

マッサージ師を辞めたいと思ったら、他の仕事ができるか、今よりもいい環境であるかどうかよく調べて確かめてから辞めるのがいいかもしれません。

でも仕事があるので、一回辞めて違うことして、また戻ってきてもいいわけですが。

マッサージ師は辞めやすいし戻りやすい良い職業だと思います。

 

モミモミ。