マッサージ師になってみたブログ

マッサージ師になってみました。医療保険で揉んでいます。

訪問マッサージの仕事をダラけず飽きずに続ける方法。モチベーションをアップする工夫6選

こんにちは。めりーです。マッサージ師です。あん摩マッサージ指圧師です。

訪問マッサージしております。

実は訪問マッサージっていう仕事、非常に単調です。

いやそれなりに色々あるんですけど、単調にやらないと忙しすぎて頭おかしくなります。

ただし単調にやるとちょっと飽きてくるんですね。やっぱり作業感が出てくるので。

そこで訪問マッサージの仕事を飽きずに楽しくやるコツを考えてみました!

f:id:mogemilk:20181008131149j:plain

何が飽きる?訪問マッサージの仕事と退屈

訪問マッサージの仕事は単調になりやすいです。というか単調にやらないと忙しすぎて頭おかしくなります。

私が仕事中、同僚に目撃されていましたが「心が死んでいた」そうです。

何しろ分単位スケジュール、車移動、ずっと一人行動、施設で肩身の狭い思いをしています。そりゃあ心も死ぬ。

最初は単調にやるのが難しくて、時間通りに行けなかったり、トラブルに巻き込まれたりしていました。

慣れてくると単調にできるようになり、だいぶミスがなくなりました。車の運転も上手くなってきた。

しかし代償的になんかダラける、施術に緊張感がなくなるなど「飽き」症状が出ます。

 

訪問マッサージでダラけやすいタイミング

訪問マッサージで気が散りやすいのは普通の仕事と同じ時期かもしれません。だいたい3ヶ月、半年、1年で大なり小なり何かしらやらかすことがあります。

1週間では月曜と木曜が緊張が弱まりやすいでしょうか。月曜は一番きついですね^^;

1日の中では午後の2時半〜3時半が最も集中力を失いやすいタイミングです。車の運転中であることが多く、事故に注意が必要ですね。

 

飽きやダラけを無くそう!仕事のモチベーションをあげる工夫6選

良い仕事のためにもダラけは良くない!

飽き症状を打ち消す工夫を考えてみました。

 

①毎日目標を立てる

どんなことでもいいので毎日達成できそうな簡単な目標を立てます。

私は最近無駄遣いが多いので1日の予算を200円に設定しています。意外と簡単な目標なのですが、家に帰ってきた時に達成感がありメリハリがつきます。

 

②運動をする

マッサージはどうしても休診があるなどして時間が余るときがあります。そんな時にただぼーっとするのではなく、車を適当なところに停めて(駐禁に注意)、少しウォーキングやジョギングをしてみてはどうでしょうか。

運動は脳のリフレッシュ作用をもたらします。リフレッシュ作用は運動強度や負荷が関係ないのだそう。どんな軽い運動でも効果が出ます。

ダレてきたら運動が、医学的にもオススメのリフレッシュ方法です。

 

③積極的にカンファレンスを行う

人と交流すると刺激になります。重複担当患者などがいたら積極的にカンファレンスを行ってみてはどうでしょうか。

患者さんの気になる症状や施術のやり方などを相談するのもオススメです。

 

④朝活してみる

午前中は脳が最も活発になる時間だとか。早起きを習慣づけて、勉強や運動など自分のために有効活用してみてはいかがでしょうか。

仕事に慣れてダレてくると、起きやすいミスが遅刻や寝坊です。初歩的なミスほど警戒すべきだと私は思います。

そんなミスを起こさないためにも、早く起きて何かしてみる。緊張感も生まれるはずです。

 

⑤施設スタッフとコミュニケーションをとってみる

訪問マッサージは介護施設が多くなります。施設はよく行く割にいつまで経っても誰とも話しません。

そこでいつもの挨拶に一言付け加えてみるのはいかがでしょうか。

「おはようございます。今日は忙しいですか?」「お疲れ様です。先週もお会いしましたね!」

など、あんまり関係のない施設スタッフに一言付け加えてコミュニケーションを取ってみると、こちらとしても刺激になるし、施設の信頼をアップしやすくなります。

 

⑥あえてミスる

色々工夫してみてそれでも飽きた・・・ダレる・・・

そんな場合。あえてミスってみてはいかがでしょうか。怒られれば流石に目が覚めるでしょう。

ただし誰にも迷惑のかからないミスをするようにしましょう。難しいです。

f:id:mogemilk:20181001110822j:plain

緊張感は大切ですが、維持するのがとても難しいですね。長くやればやるほど、失われていってしまいます。しかし初心を忘れるべからず。

良い仕事のためにも、楽しく働く工夫は大切です。

までも春眠暁を覚えずですにゃーネムネム。

モミモミ。ネムネム。