マッサージ師になってみたブログ

マッサージ師になってみました。医療保険で揉んでいます。

優秀なマッサージ師を探しているけどどこにもいない。なんでだろう。そもそも優秀なマッサージ師とは?

お疲れ様です。めりーです。あん摩マッサージ指圧師です。

私は常々、優秀なマッサージ師を探しています。

なぜかいません。この人ぞ!というマッサージ師に会った事がありません。

なぜだろう。

そもそも理想の優秀なマッサージ師ってなんだ?

f:id:mogemilk:20180506185535j:plain

あん摩マッサージ指圧師の仕事

あん摩マッサージ指圧師の仕事は意外とマッサージ以外のことが結構大切です。

接骨院とか整形外科ではマッサージしか任されないのですが、訪問マッサージとか老人ホームで働くと、リハビリ寄りのことをやることになります。

リハビリっていうと本来は理学療法士の専門なのですが、業務的にマッサージ師もニーズがあります。

マッサージ師は高齢者を扱ったり他職種と話すことがあるのでコミュニケーション能力も求められます。

それらを総合的に考えて優秀な人というのは、なかなか巡り会えません。

 

マッサージ師に突きつけられる現実

高齢者を扱うマッサージ師はやればやるほど目を背けられない現実が出てきます。

この治療に意味があるのだろうか?という葛藤は、誰でも一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

果たしてマッサージ自体に意味があるのだろうか。

そんな自問自答と戦うことがあります。

こういう現実も分かっていて、クリアしているマッサージ師というのは本物であると私は思います。

 

交流会は綺麗事が多くて参考にならなかった

マッサージ師などが来る交流会に参加したことがあるのですが、現実的な話がほとんどありません。

交流会という業務外の場所だから、みんなお出かけ気分で来ているし、私のような若輩者に現実を突きつけるというのは心苦しいのかと思います。

現実的な話をしようと話題を振っても、基本的には同調されたり同情されたりするだけで、自分はこう乗り越えたというような話が聞けませんでした。

むしろ、誰もそんなことを考えてないようにすら見え、業界自体に不信感ができました。

 

現場で出会うマッサージ師は優秀ではなかった

卒業してから1年、臨床勤務していますが、患者層が緩和の世界に入ってしまうためか、みんなベテランのためか、あまり優秀に見える人はいませんでした。

マッサージ師はもちろん運動器については詳しいし、学校では習わないことを自ら勉強会で学習している意識の高い人もいました。

知識量も私よりずっと多く、賢いのだろうと推察できました。

しかし、彼らを見ても私は優秀だとは思えませんでした。

現実の問題から目を背けているように見えてしまうんですよね。

回復しない患者を診ているのに、運動器の治療の話をする。

f:id:mogemilk:20180325151815j:plain

私が想像する理想のマッサージ師

マッサージ師が診る患者の話をするのであれば、その人の症状とか、基礎疾患、マッサージのリスク、コミュニケーションの取り方など、もっと現実に必要な話が聞きたかったんです。

でもそういうことを話している人に出会わないんですよね。どこに行っても。

これはどういうことだろう。

私が生意気だからみんな遠慮して言えないのか?

私には分からないんです。

 

私が考えていることは果たして見当違いなのでしょうか。

患者さんを診るなら、マッサージ師ができることはいかに寄り添ったコミュニケーションを取るか、いかに現状維持を続けるかが大事だと思うのですが・・・。

 

マッサージ業界に関わらず、だいたいどこへ行っても私は周りに理解してもらえないことが多かったです。

着眼点がちょっと違うのかもしれません。

だから私が、マッサージ師として見当違いなことを考えているのかもしれない。

でも自分が間違っているとは、どうしても思えないんですよね・・・。

分からない。

 

自分が想像する理想のマッサージ師はどこにもいなかった。これから会うのかもしれません。

でも一番手っ取り早いのは、自分が理想のマッサージ師になってしまうことだと思います。

とりあえず何か勉強して行こうと思っています。

モミモミ。