マッサージ師になってみたブログ

マッサージ師になってみました。医療保険で揉んでいます。

あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師・柔道整復師の免許を取るなら2つ以上取った方が確実に有利。免許複数所持のおすすめ

こんばんは。めりーです。あん摩マッサージ指圧師です。

社会人として臨床勤務していると、医師以外の医療従事者は、基本的に免許は複数持っていた方が確実に有利です。

社会的に仕事がしやすい免許複数所持の話。

 

f:id:mogemilk:20190302190833j:plain

武器は多い方がいい。医療従事者の免許複数所持のメリット

医療従事者はほとんどが国家資格なので、法的な枠内で仕事をします。

例えばあん摩マッサージ指圧師は基本的にマッサージしか行うことができません。

柔道整復師は外傷治療、鍼灸師は鍼灸治療というように、国家資格は法律で仕事が定められています。

しかし現代では高齢化社会や医療の多様化の関係で、仕事に多くのモノが求められることがあります。

 

私は今、訪問マッサージを行なっています。

訪問マッサージは寝たきりや外出できないレベルの患者さんの自宅へ訪問し、マッサージをして緩和的な治療を施す仕事です。

しかし実際は家族からレベルをあげてほしい、リハビリをしてほしいと要望があり、訪問マッサージ会社もそれに応える形をとっているところが大半です。

高齢化社会で医療者が不足するという事態が起きているので、マッサージ師は高齢者施設で機能訓練士として働くことを許されています。

機能訓練とは慢性期に対する簡易的リハビリ指導です。

 

このように実際の仕事にニーズの多様化が見られるため、免許は単独所持よりも、2つ以上持っていた方が仕事的に有利であると感じています。

 

メインウェポンが最強なら複数所持しなくてよし。単独所持で事足りる医療職とは

医療系の国家資格はそれぞれ種類があり、仕事の範囲がありますが、その範囲が広くて一個持っていれば事足りる資格もあります。

 

医師、歯科医師、理学療法士は基本的に一つ持っていればそれ以上何もいらないという最強資格だと私は思います。

医師は教育中に学ぶ範囲が最も広く、日本医療の秩序の頂点に位置する資格なので本当にそれ一個あればあとは何もいりません。むしろ他のものを取るのは時間の無駄以外のなんでもありません。

歯科医師は歯科のみに限定されますが、単独業界なので他にライバルが全くいない状態です。

理学療法士は、リハビリに特化した職業です。これはマッサージ師として私個人の意見になりますが、リハビリが全部できる仕事であれば、それは医療の全てを補えると言っても過言ではないと思います。急性期も慢性期もリハビリの全てが診れる仕事なので、現状の医療業界では最強資格の一つであると思います。

 

強さには弱さも含まれる。最強資格のデメリット

最強資格を取っておけば基本的には腐っても鯛で出来の悪い人でも仕事に困ることはありませんが、最強資格には最大のデメリットが一つだけあります。

それは、取るのが難しい。

医師、歯科医師は言うまでもなく狭き門であり、性差や年齢を考えると普通の人が取りに行くのはおすすめできません。私にとっては現実的ではない資格です。

理学療法士は専門学校もあり上述した2つに比べると取りやすい資格ですが、業務上に性差や年齢は影響を及ぼしやすいです。

また専門性が高く知識レベルも高度なものを要求されるので、基本スペックが高い人でないとついていけなくて苦しむ可能性があると考えています。

私は業種転換して医療業界に来た、遅咲きの医療者です。

これら3つの最強資格は、基本的に現役学生が目指す資格であると感じています。

最強故に2つ目以降のライセンスとしてはいささか難易度が高すぎると思います。

 

代替医療職が免許を単独所持するにはリスクが大きい

あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師、柔道整復師は、医療系国家資格の中でも類を見ない代替医療というものを取り扱っています。

代替医療とは、病院で行われない医療のこと。家庭の医学やアロマテラピー、おばあちゃんの知恵袋、おまじないの類を含めた範囲の広いものです。

あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師、柔道整復師が代替医療としての立ち位置にいるのは日本の歴史や文化的な背景があります。

しかしこの3つの資格はれっきとした医療職であり、専門性が高くそれぞれ特化した技能を持った職種です。医師・歯科医師と同じく開業を許されているのも国から認められた資格であるが故のことです。

この3つの資格は基本的に開業を目指して仕事をする人たちが多いのですが、免許単独所持だと考えが偏るという致命的なデメリットがあります。

 

代替医療職は免許を複数所持していた方が仕事で圧倒的に強い

あん摩マッサージ指圧師はマッサージのみ、鍼灸師は鍼灸のみ、柔道整復師は外傷治療のみという仕事の限定があります。

この仕事の限定というのは、開業時にも勤務時にかなりのデメリットになります。

上述したように、高齢化社会と医療の多様化に伴い、現場では多くのことが求められるようになります。

免許の単独所持は、その免許に許された仕事しか行うことができません。仕事が限定されるということは、客が限定されるということです。

免許単独所持は範囲が狭くなるので利益を出しにくくなりますが、仮に3つ全て持っていると、全部の業務が行えるようになるのでそれだけ利益が上がります。

 

代替医療職の免許単独所持の最大のデメリットは「視野の限定」

免許単独所持で利益以上にデメリットになるのが、視野の限定です。

代替医療資格はかなり専門性の高い職業です。専門学校での教育も専門性が高く、かなり狭い範囲で教育が行われています。

そのため視野が狭くなります。これが業務上でかなりの支障になります。

例えばあん摩マッサージ指圧師はマッサージと東洋医学に特化した資格なので、教育で習うことは運動器と東洋医学が多くなります。

しかし臨床の患者さんは複数の病気を患っていることが多く、確実な治療を行おうとすると病気や人体についてのかなり広い範囲の知識が必要になります。

東洋医学だけで人を治すことはできないと私は考えています。

場合によっては病院に行ってもらったり、精密検査を受けてもらう必要が出ることもあります。

そういった知識は、あん摩マッサージ指圧師の勉強だけで補うことができません。

いい仕事をしようとするならば、資格の枠外の知識がどうしても必要になってきます。

 

代替医療職で免許単独所持の人と話していると、非常に視野が限定されていると感じます。

代替医療は専門性が高いですが、その分多面的に物事を見ることができなくなります。

これを補うために、免許は複数所持していた方が有効です。

 

あん摩マッサージ指圧師の免許複数所持は何がいい?セカンドライセンス

ライセンスの複数所持は、それだけ学校に通わないといけません。学校はお金と時間がかかります。

無駄なく仕事をするために行くことを考えるのならば、オススメは本科です。

本科は3年の通学で、同じ年にあん摩マッサージ指圧師と鍼灸師の二つの国家試験を受けられます。

あん摩マッサージ指圧師単独、鍼灸師単独よりも、本科卒業の人は比較的視野が広い傾向があります。仕事の範囲も広くなるのでおすすめです。

 

セカンドライセンスの代替医療職は柔道整復師がおすすめ

しかしすでにあん摩マッサージ指圧師を取ってしまったのであれば、取った方がいいのは柔道整復師免許であると私は思います。

鍼灸業界は会社が少ない上にあまりニーズがありません。しかし柔道整復師は外傷治療が行えたり、高齢者施設で機能訓練士として重宝されることがあります。また病院で就職しやすいのも柔道整復師です。

実用性を考えると、あん摩マッサージ指圧師>柔道整復師>鍼灸師という順番になるのかなと私は思います。

 

ただし柔道整復師のデメリットとしては、代替医療資格のうちで最も試験が難しい資格です。またカリキュラムに格闘技の柔道が含まれるのも個人的にはちょっとイヤです^^;本当に柔道着を来て柔道場で取っ組み合いをします。

色々が大変なので調べてから進学した方が良いでしょう。

 

セカンドライセンスのコメディカルは看護師の一択

代替医療ではない職種でマッサージ師が取るのならば、看護師です。

もう看護師以外はやらなくてよろしいと思うほど看護師を取るべきだと思います。

というのも看護は患者さんを非常に広く見ていくので、ケアのためにマッサージに興味を持つ看護師さんが多いです。マッサージと関連が深いコメディカル職は看護師です。

看護師がマッサージライセンスを持っていると強みになるので、もし取ってしまうと看護師業務の方に偏ってしまうかもしれません。お給料も看護師の方が良い傾向があるとかないとか。

また代替医療の専門学校に比べて、看護専門学校は学費が安い傾向があります。これもおすすめの理由です。

卒後の臨床で良いところに勤められればあっという間に学費をペイできます。

マッサージ業界でも訪問医療を行なっている会社は多く、看護師免許もあると重宝されます。

マッサージ臨床経験×看護師は最強かもしれません。

f:id:mogemilk:20190414112956j:plain

私は本科卒なのでセカンドライセンスが鍼灸師です。

人から勧められて本科に行ったのですが、今思えばその人に感謝しています。

周りを見ているとあん摩マッサージ指圧師にしろ鍼灸師にしろ、単独所持の人は医療的知識が少なかったり、考えに激しい偏りがあったりする傾向があります。

あくまで私の個人的な意見ですが、あん摩マッサージ指圧師あるいは鍼灸師の免許単独所持はあまりおすすめできません。本科に行って良かったと感じています。

良い仕事をして、患者さんのお役に立つために。

免許複数所持はおすすめです。