マッサージ師になってみたブログ

マッサージ師になってみました。医療保険で揉んでいます。

臨床マッサージ師が情報を得るには何が良い?おすすめの医療雑誌、サイトを紹介する

こんばんは。めりーです。あん摩マッサージ指圧師です。

医療業界は常に最新情報が変わって行っています。それまで当然とされていた考えも、時代によって否定されることがあるので情報収集はとても重要です。

あん摩マッサージ指圧師におすすめしたい医療情報ツールをまとめます。

 

f:id:mogemilk:20180513110111j:plain

時代が変わると常識が変わる!最新情報の重要性

医療業界は世界中で常に研究がされており、それまで常識だったことが正反対の考えになってしまうようなこともしばしばあります。

例えば以前は骨折など外傷の際は基本的にすぐに手術適用となっていましたが、近年ではいかに切らずに済むか?が検討されるようになりました。

私もかかったことのある盲腸(虫垂炎)は、疑いがあるだけで外科手術となっていました。私は20年前に罹患したので、その日のうちに手術され盲腸を取ってしまいました。

しかし近年では抗生物質などで散らすことが主流となっているようです。

 

このようにそれまで常識だった物事が全く正反対に覆されるようなこともあるのが医療業界。

教科書も定期的に新しいものを読まないと、自分の知っていたことが古くなり常識と離れてしまうことがあります。

医療職種の免許は一度とると再試験がありません。そのため情報の更新は自分から行わないと、時代についていけなくなってしまいます。

 

私自身、近年あん摩マッサージ指圧師国家資格を取りましたが、10年前にとった人と話をすると時折話が噛み合わないことがあります。

もちろんその人の学力や経験も大きいとは思いますが、時代によって仕事の内容が変わってしまうのは、この業界の恐ろしいところだと感じます。

そうならないために、情報の入手は常に気を配る必要があります。

 

あん摩マッサージ指圧師におすすめする情報ツール

あん摩マッサージ指圧師が知るべきこととは、現場にもよりますが以下の内容であると思います。

 

  • 整形外科学(一般分野)
  • 運動学(スポーツ分野)
  • 老年医学(訪問マッサージ)
  • ケア、看護(訪問マッサージ)
  • 介護(機能訓練)
  • 美容関連(リラクゼーション・エステ)

 

色々調べていますが、あん摩マッサージ指圧師に特化した専門雑誌は日本に存在しないようです。

自分の専門分野に近いものを選んで情報を得ることが重要となります。

 

あん摩マッサージ指圧師の各分野におすすめしたい情報ツールを紹介します。

 

医道の日本

言わずと知れた東洋医学系の唯一の専門雑誌です。歴史が古く、東洋医学に特化した内容になっています。

鍼灸、柔整、マッサージ業界の情報が幅広く得られますが、デメリットとしては明らかに鍼灸のボリュームが大きく、マッサージに関する情報がかなり少ないです。またリハビリや機能訓練など実務的な情報もやや少ない印象です。

 

 総合リハビリテーション

リハビリに関連した医療雑誌です。理学療法士向けの内容になっています。論文形式で写真やコラム等は極力少なく、読み慣れていないとやや見にくい雑誌かもしれません。

一般臨床的なことがしっかりと書かれていますが、理学療法士リハビリにウェイトがあるため急性期リハビリの内容が多くなります。

特集項目を見て、専門と一致しているなら読むなど、内容で選んで購入を決めると良いと思います。 

 

訪問看護と介護

訪問看護師向けの雑誌です。看護はやや専門が離れますが、訪問マッサージでは密に関わりのある職種です。ケア的な考えをしっかりと持っているのが看護師、介護士なので、臨床で役に立つ知識を得られます。

 

セラピスト 

こちらはリラクゼーションやエステ関連の人向けの業界雑誌です。代替療法色が強くなります。専門性が低く、文章も簡単で誰でも読みやすい内容です。

女性に関連した特集が多いので、美容系の人におすすめです。 

 

ニュースサイト メディカルトリビューン

医師向けの医学ニュースサイトです。最新ニュースや医師によるコラムを読むことができます。東洋医学のカテゴリもあり、医療情報を幅広く扱っています。

ただし医師向けの内容なので文章がやや難しいです。論文引用している記事が多く、研究に関する基本的な言葉を知らないと読みにくい印象です。

medical-tribune.co.jp

 

Yahoo!ニュース 科学タブ

こちらは専門的なサイトではありません。一般ニュースサイトのYahoo!ニュースの科学タブです。一般医療ニュースを見ることができます。

一般向けなので専門性が低いですが文章が読みやすく流行が分かりやすいです。専門雑誌が読みにくい、苦手だという方はこういったものから慣れていく方が良いでしょう。

注意すべきは一般向けなので詳しく知るためには自分で調べる必要があります。

news.yahoo.co.jp

f:id:mogemilk:20190410192505j:plain

臨床マッサージの情報を入手するときの注意点

マッサージは日本国内で研究があまりされていない分野です。そのためあん摩マッサージ指圧師のための専門雑誌が存在しません。

マッサージに関連する情報は自分で得なければいけませんが、医学的な根拠をしっかりと書いてある書籍が乏しいのが現状です。

知識的に未開拓の業界があん摩マッサージ指圧師業界ですが、他の専門職から知識を得ることができます。

自分の臨床と専門を踏まえて情報を選別すれば、欲しいものが得られるはずです。

知識は偏りがあると考えも偏ってしまい悪い影響になりやすくなります。

未開拓の分野であるから、広い分野の知識を見ていくと、自分に何が必要かがはっきりしてきます。

 

インターネットから発信している私が言うのもおかしな話ですが、ネットの情報は質が悪いものが多いことにも注意すべきです。

専門情報は専門情報サイト、または雑誌など、時にお金を払って得る必要があると私は考えています。

 

良い情報を得て、臨床に役立てて行きましょう。

モミモミ。