マッサージ師になってみたブログ

マッサージ師になってみました。医療保険で揉んでいます。

映画「ハンター」評論してみる。オーストラリア2011年作品。タスマニアタイガーを追い求める男の話

こんばんは。めりーです。あん摩マッサージ指圧師です。

今日はオーストラリアの映画「ハンター」を評論します。

自然保護と人間社会の関係が言語に頼らず視覚的に描かれていて、見ている人に考えさせる作品。世間的には高評価作品です。

 

 

「ハンター」あらすじ

オーストラリア 2011年

監督 ダニエル・ネットハイム

キャスト ウィレム・デフォー

     フランシス・オコナー

     サム・ニール

 

参考

ハンター - 作品 - Yahoo!映画

ハンター (2011年の映画) - Wikipedia

           

風呂に浸かる事が日課で好きな音楽はオペラ。無口で他人の遅刻を許せない、そんな男が主人公。

謎の組織にタスマニアタイガーの生き残りのDNAを採取してくるように命じられ、一人タスマニア島へ。絶滅されたとされるタスマニアタイガーをトラップや待ち伏せで仕留めようとするもののなかなか発見できず。

ホームステイと野宿の猟を繰り返しているうちに、ステイ先の家族の優しさに触れて心を許し始めます。一方で街では林業を生業としている人たちに敵視され車をいたずらされたり脅されたりするトラブルも。

タスマニアタイガーは本当に生存しているのか?自然保護のあり方と人間の欲を描いた作品。

 

以下は重大なネタバレを含みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ハンター」評論。人間の汚さとか儚さとかを言いたいんだろ〜なって思った

この映画はものすごくストーリー展開が遅い感じがします。

一応サスペンス映画のようで伏線っぽいのがちらほらあるのですが、結局何でもなかったて事が多かったです。

(何でもないことはなかったのかもしれないけど私は一回見ただけで分からなかった)

なかなか話が進まず描いているのは大自然と孤高の男がカッコいいみたいなところばっかりなので開始30分で飽きてしまいました。

どのくらい飽きたかというと一回で見れずに3日間に分けて見ましたwww

逆によく最後まで見たなと思います(笑)

 

狩猟の密着ノンフィクションみたいな感じで、トラップの仕掛けとか人間の臭い消しとかがめちゃリアルでその辺はすごく面白かったです。狩猟についてもうちょっと調べたくなりました。

 

セリフの説明がほとんどなく、「見て考えろ。分かれ。」と言わんばかりのスパルタ作品。私はサスペンスもミステリーも好きですが、状況背景の説明なしでは何が何だかわからず物語に入り込めませんでした。

サスペンスなのか?ヒューマンドラマなのか?環境保全を訴える感動映画なのか?

と3日間考えていたのですが、結局なんだったのかは分からず映画は終わりました。

一回見て分からなかったのならもう一回見ればいいのかもしれませんが、何しろ3日かけて見たのでやる気は出ません・・・。

 

うーん、私が結論づけるとするならば、環境保全を訴える感動映画だったのかな〜と思います。

林業の作業員たちが仕事を守るために環境保護員を迫害するトラブルがとてもリアルだと思いました。

主人公の車を壊したり汚したり、飲み屋から追い出したり、嫌味を言ったり。結構嫌なことをするんですけど、決して主人公には暴力を振るわないのですね。

時には銃で脅すくらい怒っている時もあるのですが、脅すだけです。

映画の中の人ではなく、普通に生活している労働者にしか見えませんでした。

彼らは木を守るために環境保護を訴えるナチュラリストの生態学者を敵視しています。

しかしこの映画は、ナチュラリストが全員事故死します。

これって結構メッセージ性があると思うのですが・・・。どうでしょう。

絶滅されたと言われる幻のタスマニアタイガーの、最後の一匹を殺しにきた外国人(主人公)。

林業の労働者。

話すことのできない少年。

世話焼きおじさん。

最終的に彼らは悲しみながらもいつもの生活を続けられそう。

でも、ナチュラリストの夫婦は死んでしまうんですね。

ひどい話だ。

でもそういうものかもしれない。

人間はもう引き返せない方向へ向かって歩いているから、人間らしいことを考えていないと道を違えていると言えるのかもしれない。

環境保護ということ自体が、人間の存在と矛盾しているのかもしれません。

 

私はこのように感じたのですが、ネットの評論をみると感想がみんなそれぞれ違います。

そのくらい説明不足な作品ですが、見た人の感想が違うというのは映画として珍しい特徴なのではないでしょうか。

何回も見るような映画ではないし、人と一緒に楽しく見るようなものでもないと思います。

正直、小説で読んだ方がいいような気がする。原作知らないけど。

でも見て損をした、というような映画ではないと思います。

 

あと単純にタスマニアの自然保護区がとっても綺麗で行ってみたくなりました。

でもこの映画を見たので行かないと思います。私は人間界で生きて行くかな。

 

ご興味あればご覧ください^^w