マッサージ師になってみたブログ

マッサージ師になってみました。医療保険で揉んでいます。

訪問医療者に勧めたい移動車内サングラスの着用とその選び方

こんばんは。めりーです。あん摩マッサージ指圧師です。

今、私は訪問マッサージをしています。車で移動するので気になるのが日光の暴露。お肌を気にしていて、季節に関わらず毎日日焼け止めクリームを塗っていますが、それ以上に心配なのが目への影響です。

今日は外回り医療者におすすめするサングラスの着用と選び方のお話です。

 

 

日光が人体に与える影響をなめるな!身を以て予防医学の大切さを知る

日光は様々な波長の光を含みますが、人体に考えられる悪影響があるものとして、紫外線です。

紫外線はビタミンDを作ったり、近年ではアレルギーの関与も示唆されている、人間になくてはならないもの。もし全く浴びないと、骨の奇形などのリスクになります。

しかし紫外線は浴びすぎると発がんの可能性がある危ないモノでもありますね。肌には日焼けを作りシミ、そばかすの原因になる、女性にとっては嫌な相手でもあります。

 

車で移動していると、オフィス勤務よりもずっと日光を浴びる機会があります。それこそ1日中浴びていると言っても過言ではありません。

片側の半身だけやけに黒くなってしまう車焼けは女性が恐れるモノ・・・。

 

紫外線は女性の敵だが、目のカタキでもある・・・!(うまいこと言った)

日焼けを作るのは紫外線ですが、紫外線は目にも悪影響を与えます。

 

www.meganesuper.co.jp

 

もともと、目には紫外線を防ぐ力が備わっています。

ですので、例えば通勤時間など日常生活で多少の紫外線を浴びる分には、目の機能には問題ありません。ただ、長時間、強い紫外線を浴びると、白内障や黄斑変性(おうはんへんせい)症という、視界がゆがんだり目が見えなくなったりする病気を引き起こす可能性があります。また、角膜炎(かくまくえん)になるリスクもあります。

眼科専門医が教える。紫外線対策にサングラスは必要? 目への影響とその防ぎ方|メガネスーパー 眼鏡(めがね、メガネ),コンタクト,サングラス,補聴器販売

 

車で一日中、外にいる人は日光のダメージが大きくなります。

蓄積ダメージが大きくなると病気のリスクも上がって行くので、リスクを分かっているのであればダメージを少なくする予防が大切です。

眼病予防のために、車で外回りの人はサングラスをつけた方が良いと思います。

あと個人的には単純に光が眩しいので夕方くらいになると、とても目が疲れます。目の疲労軽減と病気の予防のために、私は車内でサングラスを着用しています。

 

目的は予防医学!サングラスを着用するメリット

サングラスを着用することで得られるメリットをまとめます。

 

  • 皮膚ガン好発部位である目の周りの皮膚を保護することができる
  • 眼球に入る紫外線を削減できる
  • 光による目の疲労を軽減できる

 

仕事でサングラスを付けても大丈夫?トラブルにならない着用方法

サングラスを着用するときに気になるのは、周りの人の印象です。

日本ではサングラスに対してあまり良いイメージがないため、ビジネスシーンで着用するのは日光のリスクが重要であるスポーツ現場のシーンだけかもしれません。

 

ビジネスでサングラスを着用する場合は、ビジネスマナーを守り、取引先の人の前では着用しないよう徹底する必要があります。

例えば訪問医療では施設や個人宅を回りますが、建物の前で必ずサングラスを外し、カバンの中に入れるようにします。

頭につけていたり胸のところに挿したままだと相手にサングラスを見られてしまうので、気になるようならカバンの中にしまいましょう。

 

個人的には医療・介護職の人はそこまでビジネスマナーを重視しない傾向にあるので、外しさえすれば大丈夫な気はしますが、厳しい会社では注意されることがあるので気をつけましょう。

 

医療職におすすめのおしゃれで実用的なサングラス

サングラスは色々なデザインのものがありますが、病気の予防と目の保護を目的にするのなら、絶対に選ぶべきなのは紫外線99%カットのサングラスです。

色の黒いものでも紫外線カット機能がないサングラスがあります。紫外線カット機能がないと着用する意味がないだけでなく、瞳孔が開くために余計にリスクを上げる原因となります。

 

サングラスはある程度の値段で、スポーツタイプがベスト

サングラスは壊れやすい道具です。踏み潰すようなことは滅多にありませんが、安物は歪んだりずれたりしやすいので、値段は1万円以上のものを買った方が良いと思います。

デザインも色々ありますが、医療職が付けていて不自然でないものはスポーツタイプのサングラスです。

軽く、ずれにくく、丈夫なのでかなり機能的ですし、スタイリッシュなデザインのものが多くおしゃれが気になる方にもおすすめです。

 

おすすめブランド・レーダーロック

私が使っているのはレーダーロックのサングラスです。

japan.oakley.com

グラス部分が交換でき、カラーの変更が可能です。また鼻の固定パーツも変更できるので、サングラスがずれることが多い人でも高さを合わせることができます。

値段は定価が1万円〜3万円と比較的高価なサングラスですが、動いたり汗をかいてもズレにくく長持ちします。

 

個人的にはサングラスが何度も壊れた経験があるので、メガネはお金を出さないといけないものだと思っています^^;

1000円じゃ、やっぱダメだ^^;

 

機能的で実用性のあるオススメのサングラスです。 

 

 カラー・ブラック

ビジネス的に嫌味がなく、光をカットできるカラーは黒です。付けていても不自然さがなく、デザインも嫌味がないので訪問治療でおすすめです。

 

 レンズがブラックだと眩しさがかなり削減されますが、トンネルに入ると急激に暗く感じることがあります。トンネルの前後では運転に注意が必要です。

 

カラー・プリズム

スポーツ選手がよく付けているのがプリズムカラーのサングラスです。向きによって見た目の色合いが変わります。 

 

少し派手ですがトンネルで暗すぎるということがなく、運転には良いタイプだと思います。

プリズムタイプは目立ちますし色が鮮やかなので、訪問時にしっかり取り外ししまうように気をつけましょう。

 

カラー・クリア

やっぱりサングラスの色がちょっと・・・という場合はクリアタイプのサングラスもあるのでこちらがおすすめです。 

ただしクリアタイプは紫外線のみカットされ眩しさは残ります。レーダーロックはレンズが変えられるので季節に合わせて色を変えて使うこともできます。

 

サングラスを着用する際の注意点

目の保護に欠かせないサングラス。しっかりしたものを買えば長く使うことができますが、乱暴に扱えばやはり寿命は短くなります。

汗をかいているときは拭き、ケースに入れて保管しましょう。

また施術中に車内に放置すると、夏場は車内が高温になります。ゴムやプラスチックの部分が変形したり壊れたりする原因となるので、車を降りるときはサングラスを持って降りるようにしましょう。

 

季節を問わず日光に晒される訪問治療。

医療従事者であるからこそ、自らの病気に気をつけて施術を行いたいものです。

良いサングラスで安全運転。お試しください。

 

モミモミ。