マッサージ師になってみたブログ

マッサージ師になってみました。医療保険で揉んでいます。

鍼灸マッサージ師として代替医療者、医師両者に考慮して頂きたいことをまとめてみる。ドクターが同意書を書く場合、書かない場合の患者さんの対応

こんにちは。めりーです。あん摩マッサージ指圧師です。

今は医療保険でマッサージをしております。マッサージや鍼灸では医療保険を利用する場合は日本の法律に従い医師に同意書を書いてもらい、治療が始まります。

同意書を書いてくれる先生、書いてくれない先生と医師や病院の方針も色々あります。

今日はマッサージ師として私たちが患者さんのために考えるべきだと思うことをまとめます。

 

 

医療保険を使う鍼灸、マッサージの治療で起きる問題。同意書がスムーズに出るか出ないか?

患者さんが鍼灸やマッサージの会社、治療院にかかり、その後ドクターに同意書を書いてもらって保険適用がスタートとなります。

医師がいない医療現場ですが、保険を使う以上は医師の指示が必要ということでこのようなスタイルになっております。

スムーズに同意書が出る場合もあれば、なかなか出ない、あるいはついぞ書いてもらえなかったと様々なケースに遭遇します。

 

同意書がスムーズにもらえやすいケース

鍼灸やマッサージの治療は代替療法というちょっと変わった医療です。

先進医療とは全く逆の方向、昔からある伝統医療というジャンルになるでしょうか。

同意書がスムーズに出やすいケースというのは、まず第一に医師が患者さんの希望を採用してくれること。最近では柔軟な医師が多く、患者さんの希望を優先した治療方針を行っているので、ここに関してはなんら問題がないと感じています。

 

次に環境が整っていること。

例えば入院していれば外部である鍼灸、マッサージの治療を受けることはできません。また治療中の傷病があり、その治療を優先すべきと判断されれば後回しになります。

これは臨床マッサージでもよく遭遇する状況です。

手術の検討がされている場合では方向性が決定するまでは患者さんが待つ必要があります。

 

個人的にはですが、医師の専門によっても同意書の出やすさが変わるような気がしています。例えば内科の先生であれば、鍼灸、マッサージの効果も広く捉えてくれることがあります。

 

同意書が出ない恐れのあるケース

同意書を求めただけで検討されずに断られてしまうこともあります。

大きな病院では同意書を一切書かないという方針を持っているところがあり、その場合は問い合わせの段階で断られることがあります。

また同意書を書かないという方向性を持っている医師もいます。

こういった場合はその人たちの意思があるので、頼んだり説得することは無意味です。

 

医師にとって同意書は負担以外の何物でもない

法律上の問題で同意書を書いてもらわなければいけませんが、書かなければいけない医師にとっては負担以外の何でもないと思います。

同意書はその医師にとって、自分の治療の範疇ではありません。業務上やらなければいけない仕事です。

それも含めて医師という仕事なのでしょうが、マッサージを受けている患者さんの数を考えると、とんでもない負担であると私は思います。

申し訳ない気持ちはありますが、お願いするしかないのが現状です。

 

保険を使う以上は責任を持って仕事をしよう。私たち代替医療者がやらなければいけないこと

医師がいない現場にも関わらず、医師に仕事を頼まなければいけない鍼灸、マッサージの仕事。

保険を使う患者さんは必ず基礎疾患があります。

 

日本あん摩マッサージ指圧師会のページによると、保険が効く疾患は以下になります。

 

・鍼灸はどういう病気に対して健康保険がきくのですか?

①神経痛、②リウマチ、③頚腕症候群、④五十肩、⑤腰痛症、⑥頸椎捻挫後遺症の6疾患です。

 

・マッサージはどういう病気に対して健康保険が効くのですか?

骨折や手術後の障害や脳血管障害、例えば脳梗塞などの後遺症などが対象です。関節が硬くて動かない、又は動きが悪い、筋肉が麻痺して、自由に動けない等が健康保険の対象です。

一般向け情報|公益社団法人 日本あん摩マッサージ指圧師会

 

マッサージは一応、決まっているようですが実際はかなり柔軟な対応が取られています。

基礎疾患が内科的なものであっても運動器のリハビリとしてかなり適用されているようです。私が患者さんを診ている限りは最も尊重されているのは患者さんご本人やご家族の意思であると感じます。

筋麻痺や関節拘縮の対症療法としてマッサージがされていますが、麻痺や拘縮が軽度だったとしても予防的に使われていることがあります。

また突っ込んだ話ですが、終末期の患者さんでは他にできることがないという状態に陥ることがしばしばあります。リハビリが無効であるとき、マッサージは緩和的な対策として行われることがあります。

 

このようにルールが決まっている治療ですが、ルールが決まっているからこそ私たち鍼灸マッサージ師は気をつけないといけないことがあると思います。

 

 

特に訪問マッサージでは一人で患者さんの対応をするので、患者さんの変化はすぐに察知しないといけません。

代替医療ではバイタルチェックが重視されていませんが、何か変だな?と思ったらすぐに調べる習慣をつける必要があります。

発熱などの異変を察知したら、根拠を持って中止することも必要です。

私は中止判断こそ重要なものであると感じています。

 

また、代替医療者は医師や看護師など他職種と普段連絡を取らない仕事ですが、必要に応じて意見を聞いたり、伝えたりする心構えも重要であると思います。

患者さんの状況でわからないことがあったらすぐに聞きに行く。普段話さない人たちと話すのは意外と難しいと思います。とても勇気のいることです。

しかし分からないことを聞くことは、人として当たり前のことでもあります。

保険適用で治療をするならば、優れた技術以前に、他職種とコミュニケーションを取るという当たり前のことができるようになる必要があります。

 

代替医療者として医師にお願いしたいこと

同意書という書類は手間のかかる余計な仕事かもしれません。書かないという方向性を持っている人たちがいるのもとても理解できます。

書かないのなら、書かないで私は良いと思います。それがきっと、重要な治療に関係することなのだと思います。

ただ、患者さんが求めているのに書かないのならば、「私は書きません」だけで終わらないで、どうしたらいいかを患者さんと一緒に考えて頂きたいです。

医師でない私が想像できる範囲ですが、例えば書いてくれそうな他の病院へかかることを勧めたり、あるいは代替療法の代わりになることをやってあげて頂きたいです。

患者さんが代替療法を必要だと思うのには何か理由があると思います。ただ好奇心からやりたいと仰る方もおられますが、中には本当に必要で、好きで求めている方もいます。

短い診察時間でそこまで話すのはきっと大変なので、他のだれかに頼んだり、どこへ行ったらいいかを手短にアドバイスしてあげたら良いのではと思います。

 

 

****

 

臨床に出てまだ2年目ですが、学校で聞いていた以上に保険医療の現場は良いものであると私は感じています。

しかしそれは、自分がどうあろうとするかの結果ではないかとも思っています。

同意書は病院側と代替医療者を分ける垣根ではなく、両者を近づける手紙なのであると私は考えています。

みんな患者さんを治したいという気持ちは同じ。

病院の内外で働いてきましたが、思ったよりも日本の医療は良いものです。

これからも患者さんが、よりよく利用して下さったらと思います。

 

モミモミ。